7月, 2009年

臨時議会!

2009-07-31
 今日、臨時議会が開会されました。

 内容は、公用車での事故等による損害賠償報告が5件・工事の契約変更報告が1件

 工事の契約議決案件が2件

 補正予算案件が2件


 補正予算は、国の緊急経済対策による経済対策交付金7億円あまりの予算がおもなもので、総額8億7千7百万円の補正額です。

 ほとんどが、改修や、改良工事等のハード事業で、前倒しで出されています。

 国からの交付金なので、せっかくの財源なので、フルに活用したらいいと思います。

 しかし一言だけ、苦言をていしておきました。
「改修工事等は、改修計画を作成して、緊急性のもの意外は、計画にそって進めていくべきである。たくさんある施設の回収計画ができていないようであるが、そんなことでは、財政計画にも整合性がたもてないと考える。」

「場当たり的な改修をしていては、偏り等、声を上げたところだけ改修されるということも起こりえる。」

「計画を早急に作成するべきである。」

 合併し、たくさんの施設をかかえ、まして建築から30年以上経過している施設もたくさんあるのに、乖離意識が低すぎると思う。


 

腰痛はつらい!

2009-07-29
 今週、月曜日から、急に、腰に激痛が走り、日常生活の動きもつらい状況が続いていました。
 幸い、今は、だいぶ良くなり、普通に歩けるようになりました。

 やはり、私たちは、体調管理はしっかりしていないと議員活動ができなくなるので、普段の、自己管理をしっかりしなくては、とあらためて思いましたし、反省もしています。(^^;;)


 そんな中、昨夜は、対話の会の定例幹事会がありましたので行ってきました。

 会議の後、仲間の皆さんと話していましたが、話題はやはり選挙について。

 まずは衆議院選挙。各党からマニュフェストが発表されてきました。

 自民党からはまだですが、民主党の中身についていろいろ雑談しました。

 会としての方向性は決めていないので、皆さんそれぞれの思いで話しました。
 高速がただになるとどういう現象がおこるのか・・
 年金は最低10万円以上ないとどっちみち生活できないのでは・・
 子ども手当てから考えられるメリット・デメリット・・

 等々、いろいろかんがえることはたくさんあります。

 個人的には、高速の無料化については、あまり賛同できません。料金の減額はいいんですが。  
 理由の一つとして、高速のメリット(時間短縮)がなくなるような心配があるので、経済に影響がでるのでは、、と心配されるからです。
 

 もう一つの選挙、10月予定の県内各地での市議会議員選挙について。

 出馬を予定されている方はこれから2ヶ月あまりの期間は、必死ですし、不安と自信と、いろいろな思いを抱えて、一番がんばるときです。

 私も選挙に入ったら応援にかけつけたいと思います。

 少なくとも私たちの仲間からの出馬予定者は、市民目線の市民第一のおもいで取り組まれているかたしかいませんので。・・

 

議員全員協議会

2009-07-25
 昨日、午後から定例の議員全員協議会が開かれました。

 その中の議題で、「今津勤労者体育館改修工事」の入札のことで、低入札調査制度適用であることが説明された。

 そのことは現制度のとおりであるので、問題ないと考えます。

 そのときに議員から意見が出され、「低入札制度自体を廃止にして、最低価格を設定し、それ以下は失格という方法にしてはどうか」ということです。

 入札制度というのは、一番に、透明で公平、かつ低価格で高品質に、ということが求められると思います。

 そういったことからも、入札制度というのは、どの方法が一番いいか、ということは、非常に難しいことだとおもいます。

 今回の意見に対しては、「もし、最低価格設置で、以下は失格、という方法にと考えるなら、落札後、最低価格を公表するべきである。」という意見を述べました。

 しかし、公共事業の入札制度というのは、非常に難しく、まだまだ研究の必要があると思います。

 全国の事例等もふくめ、さらに調査研究をしていきます。

藤樹書院・常省祭

2009-07-23
 本日、午前より、安曇川町にある藤樹書院にて、常省祭という祭事が行われましたので、参加してきました。

 常省祭とは、中江藤樹先生の三男の、常省さんの命日の、自分の思うには、現在の法事みたいなものだと思います。

 その中で、高校の先生の講話がありました。「がんばれ自分」

 あたりまえのようですが、現代社会において、まさに皆さんそれぞれ
「がんばれ自分!!」だといもいます。

 私も  がんばります!!(^^!!)

**、まだわたしの活動報告が配れてません。後援者の皆さんにも届けられていません。
 ごめんなさい。・・・・(;;)

嘉田知事のマニュフェスト自己評価!!

2009-07-20
 昨日、大津市で開かれた「嘉田由紀子知事の就任3年目のマニュフェスト自己評価」に参加してきました。

 一部の「福嶋浩彦・前千葉県我孫子市長特別講演(市民の自治体をつくる)」には、間に合わず、聞けませんでした。


 2部は、本題の自己評価
 中身はこまかく評価されているので全部に対してはいえませんが、私の知事の評価は、総合的にみて「よくがんばっている」といえます。

 これまで「新幹線新駅問題」「造林公社問題」「RD問題」等、これまでの知事では、できなかったこと、というか反対勢力が怖くて取り組まなかったことを、勇気を持って、取り組んだ。
 今でもすごい抵抗があるなか、折れずに少しずつ前に進めています。

 国も変わろうとしています。県も市も、いつまでも古い昭和政治をしていては、その街は発展なく取り残されます。

 微力ながらこれからも、がんばる嘉田知事を応援していきたいと思います。

3部は福嶋氏と西沢東近江市長と3人での対談。
その中で福嶋氏の話が頭に残りました。
「地方自治体で首長と議会が一体化・なれあい化すると、首長が権力を強めるだけで、二元代表制でなくなる。議会の意味がない。」

 まさにこれまでの地方議会を総括したような話です。

 高島市もひとごとではありません。
 まともにこの話のまんまということを、感じています。

 本来、地方の首長のマニュフェストは、決定権のないものである。決定権は議会にある。それが、なれあいになると、決定権も首長にあることになる。
 これでは、地方の発展は望めない。

 福嶋氏の話を聞いて、話されたことを実現しながら首長を3期も努めてこられた。市民は見ている、ということを教えていただいたと思います。

 私はこれまでも、今後も、けっしてなれあいにはなりません。

 

うりんこ劇団・・・・・・IN高島市公演!!

2009-07-20
 昨日、午後から安曇川藤樹の里文化芸術会館で、うりんこ劇団という名古屋の劇団による公演「夏の夜の夢のサマースクール」があり、見に行ってきました。

 この劇団には、安曇川町出身の女の子で、平山まゆみさんという俳優さんが所属していて、彼女の「ふるさとの子どもたちにも演劇のすばらしさを伝えたい、見てほしい」という熱い思いで、数年前から一生懸命、関係機関、知り合い、等々に働きかけ、実現した公演です。

 今では、毎年、公演していただき、高島市の子どもたちも、楽しみにしています。

 昨日の公演も、連休に他のイベントも重なっていたにもかかわらず、会場はいっぱいになり、子どもたちも大変よろこんでいました。
この劇団は、市内の学校へ、演劇ワークショップにも来ていただいています。 

 初めて平山さんにお会いしてから、いつも彼女の明るさ、がんばり、に自分も元気をもらっています。

 これからもますますがんばっていただき、高島市の子どもたち、そして世界中のこどもたちに、演劇のすばらしさを伝えていってほしいと思います。

 

小浜・若狭・高島振興協議会!

2009-07-17
 昨日、小浜市にて「小浜・若狭・高島振興協議会」が開催され、参加してきました。

 この会の目的は、3市町の地域振興、インフラ整備、親交を深める、というような目的があります。

 今回の現地調査では、国道303号追分周辺の道路改良予定地で、工事箇所の説明を高島県事務所の職員さんにしていただきました。

 その後の総会で、一瞬ムカッと、というか、がっかりしたのは、西川市長のあいさつで
「滋賀県の知事は、ハード事業は、あまりすきでない。前向きでない。」
と、話されたことです。

 県も市も好きでないからやらないのではなく、財政状況を考えて、慎重に執行しなくてはならないことは、市長が一番理解されているはずなのに、・・

 高島市の行財政改革をほんとうに進める気があるのか、疑問に感じます。

 

政務調査IN九州  続き・・

2009-07-17
 14日、午後から次の目的地、長崎県に向かいました。
 目的地の事前確認ができていなかったことで、今回の行程がむちゃなものであったことを、この時点で気づくことになりました。

 なんと、志布志市から、長崎県長崎市まで、車で6時間かかりました。

 昼過ぎに出発して到着したのが18時を過ぎていました。
 疲れました(^^;;)


 到着して、現地でお待ちしていただいていた、大村市立中学の校長先生(山川議員の友人)にご案内していただき、食事に出かけました。その夜は、長崎県の現状や、教育など、いろいろお話をさせていただきました。

 翌日、長崎市内のグラバー園という観光名所に案内いただきました。

 そこで、70歳を超えているであろうおばあちゃんが、小さなリヤカーで、アイスを売っていました。なにか懐かしい感じがしたので「おばちゃんアイス3つ」と声をかけました。

 すると、「バラのあいすを作ってあげる」

 何かな、とまっていると、実に見事にバラのかたちのアイスができあがりました。値段は100円。
 おばあちゃんが暑い中、元気にアイスを売っているのをみて、何かものすごく嬉しくなり、元気をもらいました。
 その後、大村市へ向かいました。

 先生に聞いて、またびっくり。
 大村市は、自衛隊の街という別名があるように、陸海空のすべての自衛隊基地があるのです。

 中学を卒業後、少年自衛隊学校にいく子どもたちも多いようで、陸上自衛隊駐屯地のまん前に、小中学校もあったり、まちのあちらこちらに官舎がたくさん建っていました。

 高島市も陸空の自衛隊のある街なので、自治体との協力関係や,補助等、非常に興味深く、視察させていただきました。

 昼前になり、帰りのフライト時間に近づいたので、空港へ向かいました。
 
 待ち時間の間、せっかく長崎に来たのだから「長崎ちゃんぽんと、長崎皿うどん」をいただき、今回の政務調査を終えました。

会派政務調査IN鹿児島・長崎!!

2009-07-16
 今週、月曜日(13日)から3日間、会派2人で鹿児島県の鹿屋市柳谷(やねだn)地区と、志布志市の英才教育で幼児教育を進めている通山保育園、また長崎県の長崎市の観光策、自衛隊(陸海空)の町の大村市の振興状況を視察してきました。


 まず、鹿児島県に到着して櫻島のスケールの大きさに圧倒されました。
 鹿児島市内を散策して一番印象にのこったのは、JA(農協)の強さ、大きさ、影響力 ということです。
 県庁のまん前に、県庁より立派なJAのビル、その周辺は、すべてJA関連の施設で囲まれていました。
 昭和の時代、農業族の、力のあった国会議員がいたのだろう、と単純に感じました。


 翌日、目的地の「やねだん」地区へ
 この地区は、行政に頼らない、という思いで、地域でいもを植えて焼酎に、またその基礎である土ぢくりに、土着菌 という菌を土に混ぜ発酵させて作物を作る。

 代表の方にお話を聞かせていただきましたが、やはり最初は「なんで地区でそんなことせんなんのや」という声が多く、大変苦労されたようです。

 その苦労のかいあって、10年で地区の余剰金が年間500万円を越えているようでした。
 そのお金で、高齢者に電動車や子どもたちの寺子屋、さらには全戸に1万円のボーナスまで出してたそうです。

 ここまでこれた大きな要因は、「行政に頼らなかった」ということだそうです。

 自分たちの地域の子どもたち、お年よりは、自分たちの地域で守る。そのためには、お金がいる。ということです。


 現在、TVや雑誌等で取り上げられたことから、視察や講演依頼が殺到しているようで、私たちが寄せていただいたときも観光バスで、視察にこられていました。

 また2人の60過ぎぐらいのご夫婦もこられていて、そのご夫婦が話されたことが印象的でした。
「同じ鹿児島県ですが、自分の町の議員に”やねだんをしっていますか”と聞いたら、知らなかった。その取り組みにさえ、関心が低かったことに、非常に情けなく思う。政治家さんたちは、しょせん、自分のことしか考えていない人が多すぎる。」
ということです。
わたしは、高島市の地区で、このような元気を作っていきたいと思っています。
 まちづくり委員さんに、今回のことは、詳しくお話させていただき、参考にしていただこうと思います。


突然、アポもとらずに寄せていただいたにもかかわらず、親切丁寧に対応していただき、ありがとうございました。


その後、通山保育園へ
到着して、事務所へお願いにいきました。しかし、取材も写真も断られました。
確かに、非常識であります。子どもたちが生活する施設に、どこのだれかもわからない者が、アポもなしに行っても、相手にされるはずがありません。
(;;)残念ですが、あきらめてその地を後にしました。


 政務調査・・長崎編は、あらためて掲載します。出かける時間なので、後ほど・・・・

高島市消防操法訓練大会

2009-07-12
 昨日、消防本部において、高島市消防操法訓練大会が開催されました。
 以前にも掲載しましたが、消防団員の皆さんが、仕事が終わった後の疲れた状態で、連日、操法の訓練に励んでいただいてきました。

 その成果を披露する大会で、今日までの訓練が高島市民の安心を守っていただいています。

 競技の結果は、ポンプ車の部は新旭分団、小型ポンプの部は朽木分団がそれぞれ優勝されました。

 この分団の皆さんには、8月2日に県の消防学校で行われる、滋賀県消防操法訓練大会に、高島市の代表として、出動していただきます。

 その日まで、あと3週間、暑い日が続く中、引き続き訓練に励んでいただきます。

 疲れてしんどいでしょうが、がんばってください。

 市民の皆さんも、「がんばってや」「ご苦労様」等々、声をかけてあげていただきたいと思います。 « Older Entries
Copyright© 2012 澤本長俊オフィシャルサイト All Rights Reserved.