8月, 2009年

選挙が終われば・・・9月議会!

2009-08-31
 昨日、日本の歴史にまたひとつ、大きな政治変動がきざまれました。

 民主党の圧勝で、政権がかわります。

 滋賀県でも、国会議員すべてが、民主党議員になりました。

 国民の皆さんが、しっかり審判を下されたということです。

 滋賀県自民党は、党本部の責任にするのではなく、滋賀県自民党としての敗因分析、反省をしなくては、再生はないのではと思います。

 今度は民主党がチェックされる側になります。
 国民、県民の期待を裏切ることのないように、がんばっていただきたい。
 しっかり、国政運営をしないと、国民は、黙っていません。


 このことは、市政でも同じことで、市政をしっかりチェックし、市民の皆さんのために活動しなければ、市民の皆さんは黙っていません。

 明日から、9月定例議会が開会します。

 今回は、代表質問もあります。20年度の決算審査もあります。

 1ヶ月の長丁場ですが、しっかり審議し、いけんしていきます。

 代表質問は、10日です。
 内容については、(予定です。変更もあります。)
1、医療について(病院関連含み)
2、子どもたちの現状(虐待・特別支援等)
3、まちづくりについて(人口増・水源の里について等)

 詳しくは、質問終了後に、あらためて答弁も含めて、掲載いたします。

 ぜひ傍聴へお越しください。

対話の会幹事会と知事懇談!!

2009-08-26
 昨日、対話の会の会議があり、出席してきました。

 まず、10月18日投開票の、野洲市・湖南市の市議会議員選挙において、わが対話でつなごう滋賀の会から、三和副代表・塚本事務局長の推薦を、全会一致で、決定しました。

 私も普段から、懇意にしていただき、政治にたいする考え、取り組みにまっずぐで、まさに、市民目線で活動されておられます。

 私も選挙戦中は、全力で応援にいきたいと思っています。
 ぜひ、がんばっていただきたい!!

 
 あと、来月、9月20日に、対話の会の「知事と語る会(仮称)」で、知事に高島市にきていただきます。(あくまで予定です)

 詳細については、まだ計画中ですので、詳しく決定次第、報告いたします。
 
 その際にもお願いいたしますが、知事を支える政治団体である「対話でつなごう滋賀の会」への、会員としての入会をお願いします。

 

対話市町議の会 勉強会

2009-08-26
 24日、湖南市で、定例の対話市町議の会の勉強会があり、参加してきました。

 内容は、障がい者に対する行政支援、特別支援教育に対する行政の対応、支援等です。

 ある専門的に活動されている方のお話をうかがうことができました。

 現状は、理想と現実の差がまだまだ大きく、予算のことや、教育全体のことなどから、行き届いていないのが現状です。

 たしかに、現在でも一人当たりの支援費用は、そうとう高額であることは事実であります。
 しかし、社会全体でささえて、共生することが必要であると考えることから、まずはもっと、市民県民に理解してもらうことが必要では、と思います。

 
 あと、虐待についても、高島市の体制について話をさせていただきましたが、やはり、心理士等、専門職が絶対的にひつようである、 ということでした。

 お聞きした話がすべてよかった、とは思いませんが、知らなかったこともたくさんあったので、おおいに今後の、提案の参考に、なりました。

高島市戦争犠牲者を追悼し平和を誓う市民の集い

2009-08-23
昨日、戦争犠牲者を追悼し平和を誓う市民の集い が行われました。

 遺族会と社会福祉協議会と高島市との主催で行われました。

 その中で、小中学生の作文発表がありました。

 県の遺族会主催で毎年、行われている子どもたちの戦跡巡拝旅行のときの発表でした。

 戦争を2度としない・させない。

 この思いを遺族会の皆さんの活動によって、子どもたちにも伝えていっていただいています。

 私も、高島市遺族会の会員で、いつも「私の仕事は、子どもたちに遺族の皆さんの思い、戦争の怖さ、しない・させないをつたえていくこと」
と、あいさつをさせていただいています。

 しかし、なかなか現代のこどもたちに伝えるのは難しい。
 
 戦跡巡拝や普段の遺族会活動の大切さを、いつも痛感しています。

 こういった活動に行政も、もっと協力するべきです。そのために私も、精一杯訴えていきます。

衆議院選挙・・続

2009-08-20
 本当に変われるのだろうか?・・・・?

 自民党については、候補者は「これまでの自民党を壊し、新しい自民党を作り上げます。」
 といったニュアンスの発言するかたが多い。小泉政権のときに、同じようなことで、国民の期待をうけて、風(小泉旋風)がふいた。
 しかし、現状は、変わろう・変えようとした人たちは、蚊帳の外、になったのでは・・・


 民主党については、政権交代で、予算の組み替え、天下り完全廃止、等々これまで自民党がいってきたことで、できなかったことがたくさん公約されているように思う。

 どちらにしても、言ったこと、約束したことにしっかり責任をもってほしい。

 これまでは、言うたもの勝ち って感じのマニュフェストであったといっても過言でないと思います。

 現時点でそういったことで一番信用できそうなのは「Mの党」かな!?(””)

 でも実現力というてんでは、劣るかな・・・

 
**残暑厳しい中、全力で選挙戦を戦っておられる各候補者、また陣営のみなさん。
 最後までがんばってください。 

ごぶさたでした・・・・

2009-08-19
 大変ご無沙汰しておりました。
 ブログのアップを1週間、休んでおりました。

 盆前から、体調を崩しておりまして、活動もいっさい休んでおりました。
 ごめんなさい。(==:)

 さて、いよいよ衆議院議員選挙が公示され、昨日から暑い・熱い選挙戦がスタートしました。

 わたしは今回の選挙には、いろいろ考えた結果、どの候補者の応援もしないことにしました。


 自民党の上野候補は、年代も近いし、党内でもいろいろ勉強会をされているようなので、がんばってほしい気持ちもあります。
 しかし、これまでの自民党の政策、国政の進め方、また滋賀県自民党の中身に対し、まったく信用できない。

 民主党の川端氏は、党の副代表もされてきたかたで、もし民主政権が誕生したときには、滋賀県の権益を拡大してくれるのでは、という期待が持てます。
 

 私が、政策で一番に関心があるのは、子どもに対して、子育て支援について。

 わたしは、これまで、市政の中で「子育てにおいて、経済的負担が大きいのは、乳幼児期ではなく、中・高・大 の時期である。少子化を考えるなら、その時期への支援を考えるべきである。」ということを訴えてきました。

 今回の自民・民主のマニュフェストを見てみると、他の政策は別として、この部分だけでは、民主のほうが、全力で取り組む姿勢を感じる。

 
 しかし、前にも掲載しましたが、「高速道路の無料化」には、私は反対です。ただはいいが、高速の意味がなくなるような気がします。


 年金については、自民党は何を言っても信用できません。
 抜本改革の必要ありだと思います。

 ついでに私たち議員の議員年金も早期に廃止にするべし、と考えます。ちなみに現在の掛け金は月額約5万円で、年間約70万円です。

対話市町議の会 勉強会・・・知事と!!

2009-08-12
 今日は、夜、7時から大津市で対話の会所属の市町議で構成されている「対話市町議の会」の勉強会があり、参加してきました。

 7時からということなので、余裕をみて5時にでたのですが、帰省者や海水浴の帰り等で、渋滞に巻き込まれ、到着したのは30分遅刻の7時半でした。

 今夜は、嘉田知事が出席いただくことになっていたので、知事との直接の意見交換がメインでした。

 内容については、あまりお話できませんが、一つだけ、
「知事に直接、地域にきていただき、いろいろな問題に対し、正確な事実の話をしてほしい。また、直接いろいろな意見を聞いてほしい」
という意見がでました。

 私も、ぜひ、そうしていただきたい。
 普段から、
「一度、知事を連れてきてほしい。いろんな話をしたい」
という意見を聞かせていただいていたので。

 知事から
「公務のないときは、できるだけ県民の皆さんのもとへ、でかけます」
との答えをいただきました。

 近いうちに、高島市にも来て頂きます。
 そのときは、前もって報告いたします。

 勉強会が終わり、家に到着したのは、11時を回っていました。
 つかれました’(;;)

 

対話の会からの質問に対し・・・

2009-08-12
 昨日、対話の会から、衆議院選挙立候補予定者に対し、10の質問をした回答が締め切られ、整理できました。

 結果は、前15予定者中(現時点)10人の方からの回答がありました。

 無回答は幸福実現党の4名と、自民党の4区予定者の武藤氏でした。

 回答の内容については、対話の会のHPをご覧いただきたいと思います。


 私の感想としては、まず、回答された皆さんに、紳士にお答えいただいたことは良かったと思います。

 そのうえで、皆さん、自民も民主も共産も、選挙前の今の、考え発言していることに、当選後も責任をもっていただきたいと思います。


 これまでは自民党が政権政党でした。ですから、「やります」といったことは、やらなくては、政治の詐欺と同じだと思います。


 たとえば年金の問題では、今もなおできていません。できないのなら、少なくともできるといった皆さんに、改めてできない理由を説明すべきである。

 このことは、民主党にもしっかり自覚していただきたい。マスコミの情報では、民主党が政権政党になる可能性も高いようなので。


 最後に、回答されたほとんどの方から「知事は対話不足」というしてきがされていることに、私たち対話の会の役員・幹事は反省すべきは反省し、今後の会としての対応を考えなければと思います。

 **無回答の武藤氏に対しては、若手ということで良い意味で暴れまわってくれるのではと、期待できる部分も少しはあったのですが。
 良くも悪くも自分に公式に質問されたことに答えられないというのは論外であると思います。。
 それに少なくとも対話の会に関係する県議会会派の秘書をしていたのだから、他のだれよりも早く対応して、答えてほしかったです。非常に残念、というか、ま・こんなもんか、って感じです。
 
 わたしも、支援くださる方から、いろいろお叱りをうけたり、ご指導いただいたりします。
 けど、自分の考えはしっかり発言させていただいています。
 

 以上、いろいろと少し言い過ぎの部分もあるかもしれませんが、わたしの個人ブログということでお許しいただきたいと思います。(^^;)

 

滋賀県消防操法訓練大会!

2009-08-10
 昨日、「題44回滋賀県消防操法訓練大会」が能登川の消防学校で行われました。

 高島市からは、朽木分団と新旭分団が高島市の代表として出場していただきました。
本来ですと、先週の2日に開催予定でしたが、2日は県下いたるところで大雨洪水警報が発令されていたため、9日まで延期されたのです。

 盆前のなにかと忙しい時期で、選手のかたはもとより、関係者の皆さんもそれぞれに予定があったと思います。それを調整していただき、高島市のためにがんばっていただきました。

 結果は、
小型ポンプの部・・・朽木分団が4位入賞
ポンプ車の部・・・・新旭分団が6位入賞

 両分団ともに、上位入賞というすばらしい成績を残していただきました。

 写真は朽木分団の選手しかありません。申し訳ありません。
 写真をとったときには、新旭分団の選手の皆さんは、帰路についておられたので(^^;)

 それにしても、これでまた、県内の防災力ということで、高島市の能力の高さをしらしめられたのでは、と思います。

 選手の皆さん、サポート等関係者の皆さん、本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

針畑地域夏祭り!!

2009-08-10
 土曜日、水源の郷(限界集落)といわれる針畑地域でおこなわれた夏祭りに寄せていただきました。

 150人ぐらいの小さな夏祭りですが、子どもからお年寄りまで、地域の方から、帰省者、また他府県からの参加者と、いろんな人たちで行われました。

 
また、踊りでは、この地域の生きる文化、宝といえるSS江さんというおじいさんのすばらしい音頭とりで踊りました。テープやDVD等と違い、生の、それも歴史と文化を感じさせてくれる声で踊れたのは、最高に楽しかったです。
最後に、1発1発が心にしみるような花火が上がりました。
昨年は10発であった花火が、今年は、関係者の努力により15〜20発ぐらいあがりました。

 いろんな花火大会がありますが、1発1発を胸に刻める花火はこの夏祭りでしか味わえないと思います。来年はぜひ、参加してみてください。

 楽しかった・・・(^^/)

  « Older Entries
Copyright© 2012 澤本長俊オフィシャルサイト All Rights Reserved.