11月, 2009年

12月定例議会開会!

2009-11-29
 11月27日、12月定市議会が開会されました。

 内容は、
 *報告案件(市長が議会にかけず、緊急的に決済するもの等)工事契約の  増額変更等、4件

 *人事案件2件(人権擁護委員の選任)可決

 *議決案件10件(他市の合併に伴うもの等) 一部可決

 *条例案件11件(地域包括支援センターの南北2分割、特別職・職員の  給料削減、駐車場設置条例の変更、観光トイレの廃止等) 一部可決

 *補正予算案件10件(一般会計9億5200万円)

 *議員発議1件(議員報酬の期末手当の減額) 可決


 一般質問は、8日9日11日の3日間で行われます。

 ちなみに私の質問内容は、
 ?高島市の財政の将来は・・・
 ?高島病院の建築の発注方法は・・・


 日程等が決まりましたら、また報告いたします。

 



木材市場!

2009-11-27

昨日、午後から、高島市森林組合において、木材市場が開催されましたので、見学に寄せてもらいました。
そこで関係者の方にお話を聞かせていただきました。
買付けに参加される方が昔に比べると非常に減少し、価格も、非常に安く切り出しまでを業者に依頼したら、赤字になるという現状でした。


このことは以前よりわかっていましたが、実際に目の当たりにすると、あらためてなんとかならないかと痛感させられました。

関係者の努力により、なんとか市場を維持していただいていますが、今後を考えると、木材価値をあげる策が絶対必要です。

これは、各自治体だけの問題でなく、国の責任で考えるべきことでもあると思います。

市民派ドットコム・・・!

2009-11-24
 昨日、全国の市民派をもっとうにしている議員や、政党に属さず市民目線でがんばっておられる議員や、またそういった活動をされている方たちが、集まり、地方から市民派の政治に変えよう、また情報交換していこうという会が、はじめて開催されました。

 その名も「市民派ドットコム」
 滋賀県からは、私たち対話でつなごう滋賀の会が、発起団体となり、参加しました。


開会の冒頭、嘉田知事にもあいさつをいただきました。

 参加者焼70名という、初めての開催であるのに、たくさんの方が全国から参加いただきました。

 今後、会を追うごとに内容を充実させ、全国に広めていければと思います。

 関心のある方は、ぜひ私までご連絡を・・・・


 また、同じ日に、嘉田知事の後援会である、「嘉田由紀子と歩む会」の3周年記念パーテイーも開かれ、こちらも百数十人の参加で、盛大に、かつ楽しく開催されました。

遠敷の里推進協議会との交流会

2009-11-22
 今日は朝から、朽木針畑地域と小浜市遠敷地域との交流会に寄せていただきました。

 この交流会は、もう20年ほど続いているそうで、私も今年で5回目の参加になります。

 毎年、朽木針畑と小浜市を交互に会場設定して行われています。

 そもそもこの2地域は、みねこし林道(H16年開通)という、朽木の小入(おにゅう)谷と小浜市の遠敷(おにゅう)地域を結ぶ道が昔からあり(昔は山道で歩くだけの道)、交流がもたれていました。


 今回は、会場は小浜市であったので、早朝より、そのみねこし林道を通って、小浜市へ向かいました。

 この林道は、私たち高島市民の宝が、ときどき姿を現してくれます。

 その宝とは「針畑地域を覆う雲海です。
 今日は、山の神様が私たちに微笑んでくれて、午前9時を回っていたにもかかわらず、すばらしい雲海をおがませていただきました。class=”pict” />



京阪神から、たくさんの写真家や、観光客がきていました。
ぜひ、一度おいでください。雲海が見れるかどうかは、神様だけが知っていますが・・・(^^)


 さて、小浜市に話を戻します。
 今日は、交流会のまえに、小浜市議の池尾議員の解説で、北朝鮮による拉致事件のことを、聞かせていただきました。

 拉致されたといわれる海岸にもつれていっていただきました。
 最近では、国内であまり話題になることが少なくなりましたが、池尾議員をはじめ、拉致被害者の奪還に向けた活動は、今も、そしてこれからも続いていくことを、強い意志で、語られていました。

 私は、これといったお手伝いはできていませんが、被害者と、その家族のために、なんとしても奪還というきもちをもって、応援していきたいと思います。

 さて、交流会ですが、その場には、福井県議の西本県議と、滋賀県議の清水県議が、おいでになり、いっしょに交流させていただきました。

 池尾市議も西本県議も、以前より親しくお付き合いいただいておりましたので、市政、県政、そして国政について、いろいろ懇談させていただきました。

 交流会のなかで、遠敷の皆さんから、国の事業仕分けで、前市長が活躍していることについて、「すごい活躍だ。高島市の誇りやね」ということを、たくさんのかたからいっていただき、事業仕分けに対して、前向きな視点でみている国民がたくさんいるということを、あらためて感じました。

 高島市民の皆さんは、どんな評価をされているのでしょうか。
 
 私は、事業の精査、第三の視点でのチェックということ、無駄の排除ということから考えても、非常に、評価できるのではと考えています。

 
 交流会は午後3時くらいに終了しましたが、ほんとうに楽しい時間をすごさせていただきました。

 来年もぜひ、交流会、参加させていただきたいと思っています。

対話市町議の会 勉強会

2009-11-19
 ばたばたしてまして、報告が遅くなりましたが、17日、午後から守山市で、西沢東近江市長を講師に招き、決算審議についての勉強会をしてきました。

 西沢市長には、執行者側の立場では、どう考えるか、またどう進めていくべきか等々、議員側からの視点とは違う視点で、今後の行政運営にとって、どこを特に注視し、審議していくべきか、詳しく講義いただき、本当に意義ある勉強会となりました。

 お忙しい公務の中、時間を作っていただき、感謝です。

 その後、10月の市議選挙の当選祝勝会もかねて、懇親会をさせていただき、そこでは、今後の市町議の会の、活動について、ざっくばらんに話ができ、楽しく、気分よく高島市まで帰ってきました。

 自宅に着いたのは、日にちが変わるところでした。

戦没者追悼法要・・

2009-11-15
 今日は、朝からマキノ町西浜の西栄寺さんで行われました高島市戦没者遺族会の主催の、「戦没者追悼法要」に参加してきました。

 私も3世の遺族会員として、遺族会に登録していますので、遺族会の事業にはできるだけ参加させていただいております。

 いつも参加させていただいて、皆さんから戦争の話や、また普段の市民生活についてなど、いろいろ対話させていただき、ありがたく思っております。

 子どもたちを含め、次世代の人たちに、戦争をさせない・しない また、怖さをしっかり伝えていくことを、3世会員として、やらなくてはと思っております。

事業仕分け・・・続

2009-11-12
 今日は、朝から前市長が仕分け作業で質問しているところがTVで放映されていました。高島市が行った事業仕分けが、全国のさきがけとなり、かざりものでないことを証明するためにも、しっかり仕分け作業を進めていただきたいと思います。

 さて、他のTVでは、ある施設の責任者が、必死に弁解(抵抗・逆切れ・・)して、それに仕分け人が見向きもせずに、厳しく質問・意見をされていたのを見て、まだ始まったばかりではあるが期待感で、どきどきしています。

 国の事業の中の、ほんの一部の事業である今回の事業仕分け。
 一気にはいかないとは思いますが、この作業は、今後も続けていくべきであると思います。

 このことは高島市でもいえます。

 当然必要とされる事業でも、市民・国民へ公開し知っていただくためにも、検証はするべきであると考えるからです。

 このことは、議会で、執行者に訴え、意見したいと思います。

事業仕分け・・・

2009-11-11
 いよいよ、国において事業仕分けが始まりました。

 この事業仕分け、全国で最も早く取り入れて、歳出削減に取り組んだのが、高島市なんですが、あまりそのことは知られていません。

 その事業仕分けの結果が絶対ですべてとは思いませんが、少なくとも長年放置されてきた事業の中身を再検証するということでは、非常に意義あるものだと思います。

 高島市が取り組んだ3年間で、約22億円の歳出が削減されました。

 国においては、桁が違う予算であるので、少しずつ削減できても、あわせると莫大な額になります。

 当然、国民の生活に欠かすことのできないものは、残すべきですが、削減できるものもそうとうあるように思います。

 私は、この事業仕分けには、大いに期待しています。

 ちなみに、その事業仕分けの審査メンバーの、民間委員(30名弱と聞いていますが・・)の中に、高島市から2名も選ばれています。

 高島市の実情を最もよく知っているであろう前市長と前副市長がその二人だそうです。

 高島市が取り組んできたことの意義を、全国の皆さんに、そしてなにより高島市民に知っていただくよい機会だとおもいます。

 毎日、報道されていくと思いますので、注目したいと思います。

大学訪問・・

2009-11-10
 昨日、午後から京都府立大学へ、S教授を訪ねていってきました。

 内容は教授とのことなのでお話できません。ご理解ください。

 さて、大学のキャンパスというのは、私のように高卒には、ものすごく新鮮で、どこの大学でもいつも、どきどきします。(^^)

 冗談半分で、先生から「今からでも大学で、あらためて勉強されたらどうですか」ということをいわれ、
「そんなん、無理ですわー」と、流しました。

 しかし、本心は、大学で、勉強してみたい。という思いはあります。

 時間は自分で作ればいいが、経済的にもし、余裕ができれば、ぜひ、勉強したいと思います。

 何を勉強したいのか、・・それは、今はふせておきます(^^;)


 このブログで、「大学生になりました」という報告ができるときがくればいいんですが・・・・(^^;)


 昨日は、夜も大津で、対話の会の幹事会がありましたので、京都からそのまま大津市に入り、会議を終えて、皆さんと食事をし、自宅に到着したのは午前1時をまわったとこでした。

 ふーーっ でもしょうがないです。

 今月、23日に開催する全国市民派会議「市民派.com」
の成功と、歩む会の3周年記念懇親会の成功のために・・

 ちなみに「かだ由紀子と歩む会設立3周年懇親会」は1万円。

 「市民派.com」は2千円、懇親会はプラス5千円。

 参加したいと思われる方は、ぜひ私まで、ご連絡を(^^)

麻生古屋梅ノ木線!

2009-11-05
 今日、午後から「県道麻生古屋梅ノ木線促進協議会」の現地踏査にいってきました。

 この「県道麻生古屋梅ノ木線促進協議会」は、朽木の針畑地域から京都市左京区、そして大津市葛川を結ぶ県道の、道路改修を進めるための、協議会で、このような協議会は、市内には他にはありません。

 小さな道路側溝の改修から、道路拡幅という工事まで、さまざまな要望を、県の関係者、市の関係者、を交えて、会員(地元の皆さん)から要望されました。

 現地踏査では、いつも通っている道ですが、なかなかきずかなかった箇所や、私自身、何とかならないか、と感じていた箇所など、関係者に確認してもらいました。

この路線は、地元住民にとっては、命の道といえる生活道路であるので、一気にはいかないと思いますが、毎年、切れることなく、少しずつでも改修してもらいたいと考えます。

 あとこの路線周辺は、すばらしい景色と環境が広がっています。
私も久しぶりに、マイナスイオンをいっぱい吸ってきました。

 ぜひ、皆さん、一度ドライブに出かけてみてください。 « Older Entries
Copyright© 2012 澤本長俊オフィシャルサイト All Rights Reserved.