6月, 2010年

選挙直前!

2010-06-22
 なかなかブログの更新ができず、申し訳ありません。

 知事選挙がまじかに迫ってきました。

 しばらく選挙に力を注ぎますので、更新がおろそかになることを、お許しください。

 また、終わりましたら更新をどんどんしますので(^^;

知事選挙候補者の公開討論会!

2010-06-12
 午後4時30分から草津市で、、JC(青年会議所)の主催で、滋賀県知事選挙立候補予定者による公開討論会が開催されたので、聞きに行ってきました。

 時間の制約もあったせいか、もう一つの感はありましたが、こういった機会を企画していただいたJCの皆さんには感謝です。

中身については、正直、具体的な政策という面では、現職がマニュフェストを公開して話されたぐらいで、あとは抽象的な政策提言であったように思いました。201006121632000
政策に対する財源等の裏づけもしっかり、説明いただき、県民が判断しやすい材料の提示をどんどん出していただきたいと思います。

いずれにせよ、われわれの首長を決める選挙です。どんどん関心を高めましょう!

事務所開き!

2010-06-12
 今日、午後から嘉田由紀子の事務所開きが大津市の事務所であり、いってきました。

 各支援団体の代表の方や、町長・市長も県内より数名来られていました。また、たくさんの市長から祝電も届いていました。

 201006121449000
事務所開きが終わると、いよいよ選挙モードに突入って感じです。

それにしても今日は暑かった(^^;;;

ワールドカップ開幕!

2010-06-12
いよいよ、世界的大イベント「FIFAワールドカップ」が開幕されました。

この大会による世界中のTVの放映権料は2800億円だそうです。すごい!!

ほかに経済効果を考えると、天文学的数字が出そうです。

今日は韓国戦が行われます。

韓国は隣国で、日本にもたくさんの韓国の方がおられます。私自身も、韓国は、外国の中では最も好きな国で、食べるものもどちらかというと和食より好きなぐらいです。

そんなことから、日本を応援するのは当然ですが、韓国にもがんばってほしいと思っています。

 

滋賀県では、24日から、知事選挙が告示されます。

お祭りではありませんが、ワールドカップ同様、関心をもっていただき、候補者それぞれのマニュフェストで、はたして本当に可能かどうか、言うたもの勝ち、のような公約でないか、しっかり確認して、投票してほしいと思います。

私は選挙のとき、市民の皆さんに

「マニュフェスト全部をみれなくても、せめて自分に直接関わることは、しっかり確認しておいてください」

と話します。

ワールドカップも戦い。選挙も戦い。いずれにしても「「熱い・暑い夏になりそうです」

菅総理の所信表明演説

2010-06-11
今日、菅総理の所信表明演説を聞いていて、(全部は聞いていませんが)その中で林業政策について語られ、その部分については期待したいと感じました。

具体的には語られませんでしたが、山、とりわけ林業に目を向けられたことは、70%が山の高島市にとって、決して悪いことではないように思います。

今後、具体的にどのような林業政策を打ち出されるか、注視しておきたいと思います。

これまでも、いろいろ林業に対し、政策を進められたが、結果として、山、林業にとっては、非常に厳しい現状になっています。

報道ステーションを見て・・ 

私が市議会議員にならせていただいて、間もないころ、公共事業が激減するなか、建設業者の異業種への参入に対する支援制度の必要性を提案させていただいたことがあります。とくに、地の利をいかし、林業産業への参入への期待を訴えていました。所信演説についての解説でしたが、同じような考え方のように感じ、聞き入っていました。

ぜひ言うだけでなく、具体的な政策を進めていただきたい。

 

ちなみに私は民主党員でもなんでもありませんので、誤解しないでくださいね(^^;

高島市にとって、いいことと思うことは、自民党でも民主党でも、どちらでもよいので、進めてほしいと思うだけです。

一般質問通告!

2010-06-08
 4日から開会しました6月議会。

 今回の一般質問は、市営住宅に関することと、若者定住・IJUターンの推進策に関することの2問させていただきます。

 1・市営住宅については

①空き家、及び空き待ち状況は

②空き家のある住宅が、偏っているがその理由はどう考える?

③隣接住宅による問題(騒音、振動等)をどのように解決しているか。また契約書等に規約等はしっかり示されているか?

④現在の市営住宅には、単身者が入居できるところは朽木のわかば団地のみである。若者定住・IJUターン推進のため、他にも単身者が入居できる住宅が必要と考えるが、どうか?また、そうするための制度改正等(国や県)は可能か・

 

2・若者定住・IJUターン推進

①これまで空き住宅の有効利用はぎろんされなかったのか?

②IJU希望者において、職場の次に住むところの問題があると思うがどのうな対策を考えてきたか?

③IJUターン者の中には芸術家さんがたくさんおられるが、市として把握されているか?

④芸術の町という考え方についてどう考えるか?

 

若い方たちの定住、また転入と、空き家住宅の利用とをうまくつなげて、進めてはどうか、という考えから質問します。

ブログを見ていただいている皆さん、このことで何かご意見がございましたら、ご連絡ください。

 

ちなみに質問日は、17日の3番目です。昼前になるか、昼からになるか、微妙な時間です。

激震続き!?

2010-06-02
今日は、滋賀県だけでなく日本中に激震。

鳩山総理が辞任。同時に小沢民主党幹事長も辞任。

先日は、滋賀県知事選挙に自民党(離党されるとのこと)のU氏が出馬という報道が流れ、県内に衝撃が走った。

参議院選挙、知事選挙目前になり、慌ただしくなってきました。

知事選については、私は対話でつなごう滋賀の会の一員であるので、当然といえば当然ですが、現職の嘉田知事にがんばっていただきたい。

私はこの3年間の嘉田県政をみて、過去の県政がややこしいものに蓋をしてきたこと(造林公社問題等)の蓋を開けた勇気と、新幹線問題やダム問題、また環境問題等、非常に厳しい批判の中で、それに屈することなく、正面から向かい合い、より良い県政、より良い滋賀県のためにがんばってきた芯の強さを、高く評価しています。

 

総理辞任については、野党からは「選挙対策だ」等、ボロカスに批判していましたが、過去に皆さん、同じことをしてきた方、または黙認してきた方ばかりが発言していたので、正直「どちらも選挙対策ではないか」と、ばかばかしくなりました。

 

私は、自民党にも民主党にも期待している政治家はたくさんいます。現実的には無理な話ですが、一度すべてシャッフルして、そういった方たちで結党して、国政をすすめていただければなーと思います。それが無理でも、相手の批判ばかりでなく、お互いが建設的な議論をしていただきたい。

政治家が、政治屋になってしまったら終わりです。

今日の辞任演説で「クリーンな政治」のために、ということが強調されていました。国政も、県政も、市町村政も、クリーンであるべきで、そう願いたい。

文教福祉常任委員会現地視察(市内)

2010-06-02
 今日は、朝一番から、文教福祉常任委員会の視察で、マキノ地域の4小学校と、朽木小中学校屋内運動場建築現場、及び作業工場を視察してきました。

 

マキノ4小学校への視察は、学校統廃合問題と、複式学級についての、今後の進め方、また考え方の参考にするためのものです。

現状は

東小学校が101人で、H28年には80人に。

西小学校が71人で、H28年には63人に。

南小学校が105人で、H28年には76人に。

北小学校が23人で、H28年には15人に。

このように児童数が年々減少していき、中には複式学級(2学年いっしょに授業)のクラスもあり、現児童の保護者も後年度に入学予定の保育園の保護者からも、統合のご意見が多いことから、どのようにすればいいのか、一定の方向性をだすことが急がれています。

このことは、マキノ地域だけの問題ではなく、市内全域で、起こりうる問題でもあります。

私は、このことに対する考え方は、それぞれ地域によって違うように思いますし、温度差もあるように思います。

 

この問題は、たかしまの子どもたちに直接関係することなので、先生方の事情や県や市の財政事情などが優先されてはいけないと思います。

マキノ地域に関しては、保護者の強い要望もあること、通学等がさほど難しくないこと、施設の状況等を考えると、統合を進めるべきでは、と考えます。

しかし、長い間でできあがったことを変えるには、新しいことをはじめる何倍もの労力がいるので、もう少し時間をかけて、進めなければと思います。

 

他の地域では、少ない児童数だから一人ひとりしっかり教育できるという考えから、このままでいいというところもあります。

 

全地域で起こりうる問題。なにより子どもたちにとって、何が一番いいのか、慎重に議論をしていかねばなりません。

 

視察の最後に朽木小中学校体育館の新築工事現場(木造)を見てきました。

4 505 50
屋根部分の骨組が徐々に出来てきました。

来年2月完成まで、事故なく、安全に進めていただきたい。

子どもたちも保護者も、また地域の方たちも大いに期待しているので。
Copyright© 2012 澤本長俊オフィシャルサイト All Rights Reserved.