7月, 2011年

空き家紹介システムのスタートと原子力防災対策室新設

2011-07-29
これまで、私は何度も市内の空き家の調査、売買、賃貸の紹介が出来るように体制をつくるべきと、提案してきました。

高島市という環境条件のいいところで子どもを育てたい、ゆっくり静かに生活したい、というような都会暮らしの方が、ほんとうにたくさんおられるのです。

昨日、市からの資料提供で、「空き家紹介システム」がスタート、ということが発表されました。

 

昨年に定住相談窓口ができ、ようやく「空き家紹介システム」ができ、中身についての検証は必要ですが、とりあえず、高島市で住みたいという方に、相談、紹介ができる体制ができたことは評価したいと思います。

 

高島市には、若い世代の家族がたくさん移住してきておられます。市も移住受け入れのサポートすることによって、ますます移住者が増えることを期待します。

 

また、高島市には、芸術家といわれる方もたくさんおられます。静かできれいな水空気の環境、土地が比較的安い、そして芸術ハブの中心といわれる京都までの時間的距離が1時間以内、等々、条件的にけっこう適しているそうです。

このことも市は調査研究を進め、どんどん、そういったかたにも移住していただき、工房をもっていただき、つながりをもち、こどもたちの教育にも役立てていただきたいと思います。

 

 

8月1日より、「原子力防災対策室」が新設されます。

このことも、福島原発事故をふまえ、高島市が福井県嶺南の4原発施設から近いということから、今回の事故対応の遅さ等の状況を考慮してのことであると思うので、評価したいと思います。

いま、TV等で報道されています、避難するしないの、振分け問題。

同じ地域にいながら支援等がうけられる指定家族とそうでない家族が出来ていることをみていて、5月によせていただいた南相馬市の職員さんの心配されていた話のままだと感じています。

そのとき聞かせていただいた話に

「同じ集落でも20キロ圏内と圏外の家族がある。その振り分けは、自分たちにはできない。もしするなら国が責任を持って行ってもらいたい。そして説明も責任を持ってしていただきたい。」

ということでした。

震災、原発事故から4ヶ月半、いまごろになってこんな状況とは、本当に国は何をしているのか、と憤ります。

高島市としては、こういったこともしっかり記録し、これから見直しをしていく原子力災害対策にいかすべきであると思います。

台風により・・・

2011-07-22
 昨日、台風も去り、雨も止んだので活動報告を配りにでたんですが、谷川の近くにお住まいの方から、

「鉄砲水のように、短時間で急激に増水して、夜も心配で何度も見に行った。だいぶ前になるが、水と一緒に木が流れてきて、その木が川を堰きとめて、家が浸水した。」

というお話を聞かせていただいた。

市内には、たくさんの谷があり、砂防堰堤が整備しきれていない箇所がたくさんあります。その中でも、毎回のように土砂が流出する谷川もあり、そこですら整備がいきとどいていない箇所があります。

予算のことも当然あるので、なかなか一気にはいかないことは理解できますが、県や市がどのぐらい把握し、整備計画にのせているのか確認しておこうと思います。

 

 また、各自治会、区、からいろいろな要望がでていますが、それも確認しておきたいと思います。

 

さて、昨日の夜は、野洲市で対話の会の幹事会。

9月に予定されています草津市・守山市の市議会議員選挙の、対話の会の推薦候補についての協議が主な内容でした。

ちなみに現在、草津市議選には、宇野房子さん  守山市議選には、広実照美さん、小川泰江さんを推薦することが決定しております。

市民からの一言・・

2011-07-16
 今日は、今津・新旭地域へ広報を配りに出ていました。(あまり時間がなかったので、まだ一部の方だけしか配れてませんが)

 お会いできた方から

「澤本君は、けっこう厳しいことを議会でも言うてるみたいやが、大丈夫なんか」

といわれました。どういう意味でおっしゃっていただいたかはわかりませんが、ご心配いただいているには違いない。

「厳しいことも確かに発言してますよ。批判もすることあります。あかんと思うことを、質すことができないなら、議員する資格ないと思ってます。けど、いいと思うことは評価もしますよ。」

と、いかにもあたりまえのようなことをお答えしました。

なにはともあれ、自分の発言等、議会を聞いていただいていることに感謝です。

針畑郷はー3℃

2011-07-13
朝から針畑へ向かい、広報配り。

天気予報によると今日は猛暑とのことであったので、こんな日は針畑郷にかぎる、と思い向かいました。

全部で100軒も無い地域ですが、1日かけて約半分しか配れませんでした。

配っていくと「ま、一服していき~」とのうれしい言葉をかけていただき、そのたびに1時間以上の休憩タイム。休憩しながらの対話は意義ある話が出来ます。今日も収穫の多い1日であった。

小川地区  平良地区  桑原地区  古屋地区  中牧地区  最後に朽木西小学校。

確かにどこにいてても暑いが、たぶん他の地域より3℃は違うでしょう。影に入ると涼しい。

そんな中、萱葺き屋根の葺き替えをされていたので紹介しておきます。

110713_153952
夕方、自宅に戻り、友人より相談ごとを聞くことになっていたので、地元の喫茶店へ。ここでもお客できていた大先輩より、いろいろと話を聞かせていただきました。

友人の話(当然、市に関すること)を聞き、しばし会話がはずみ、気付けば7時前に。

夕方から消防本部にて、消防団のポンプ操法の指導を受けに行くことになっていたので急いで今津消防本部へ。

ちなみに先日行われた高島市消防団のポンプ操法大会にて、私の所属する朽木分団が、小型ポンプ・ポンプ車、両方優勝したので、7月31日の滋賀県消防操法訓練大会に出場します。

110709_165934私も出来る限り、サポートさせていただこうと思ってます。

活動報告配り

2011-07-05
 昼前から、会派の広報紙と自分の活動報告を配り始めました。

 約3時間、歩いて配って、情けないですが暑さに負けてふらふらになりました。

 配り始めのときは、3~4集落を配るつもりでしたが、1集落でまいりました(;;

 明日からまたぼちぼちと配っていきたいと思います。

 ぼちぼちでも配って歩いていると、たくさんの方にお会いでき、話すことが出来ます。

 今日も1集落ですが、たくさんの方と話をすることが出来ました。商工業、農業、子育て、介護と話題はさまざまですが、いい聞き取りが出来ました。

 

 明日もがんばっていこう!

お詫び

2011-07-03
 本日、7月3日に発行、新聞折込(朽木地域以外)をさせていただきました、私ども市議会会派たかしま21の活動報告広報紙において、何箇所か誤字がありました。大変、申し訳ありませんでした。

 大震災に関した記事の部分であるので、特に被災された方たちに対し、心からお詫び申し上げます。また読んでいただいている市民の皆様に対しても心からお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした。

 以後、そのようなことがないように、しっかり確認し、発行していきますので、よろしくお願い申し上げます。

 誤字箇所

 表面  4行目 (誤)今も多くの方が非難されておられ・・・・・(正)今も多くの方が避難されておられ

      8行目 (誤)非難状況について詳細な・・・・・(正)避難状況について詳細な

 裏面  「原子力発電所の安全対策の強化等を強く求める意見書の2項目目の4行目

          (誤)非難施設の整備を早急に・・・・・避難施設の整備を早急に

 

 避難と非難という、まったく意味が変わってしまう言葉の誤字で、掲載してしまいましたこと、深く反省しております。

 

 なお、朽木地域の皆様には、少し遅れますが私自身がお配りさせていただこうと思っておりますのでよろしくお願いします。
Copyright© 2012 澤本長俊オフィシャルサイト All Rights Reserved.