9月, 2011年

土砂崩れ

2011-09-22
今朝、いつもお世話になっている地元の方から連絡をいただきました。

大きな土砂崩れがあったという知らせです。

 慌てて現場に向いました。すでに県の河川管理の担当者が来られていて、状況確認されていました。

けっこう、大きく崩れていました。

110922_101836
まだ河川の水の量が多いので、あまり近くまで近寄れませんでしたが、対岸から見ても相当大きく崩れています。

地元の方に話を聞くと、昨夜の11時ぐらいに「ゴオー」という大きな音がしたそうです。

大きく崩れているので、心配ではありますが、全国各地では、土砂崩れや河川の増水等で、多くの方が被災されていることを思うと、近隣の皆さんに、直接の被災か無かったので、まだまし、というか良かったと思います。

しかし、県の職員さんに聞くと、市内で、けっこう土砂崩れがあるようです。

 台風は過ぎましたが、まだ雨が降ったり止んだりしているので、十分、気をつけてください。

質問終わる

2011-09-14
 昨日、私の一般質問が終わりました。

 正直、不完全燃焼で、反省しています。

 準備不足であったことと、質問の仕方がへたくそ、というのが自己分析の結果です。

 準備不足の原因のひとつに、実は、保育園・乳幼児について質問する予定で準備していたのですが、非常にシビアな問題で慎重に扱う必要があると判断し、締め切り直前で急遽、その質問はやめ、変更したのです。

 しかし、いずれにせよ、準備不足は自分自身の責任ですので、反省しています。

 あと、質問の仕方ですが、当局から何を引き出すか、最終的に何が言いたいか、市民の皆さんからみて、解りづらかったように、あとで降り返って、感じました。

市議になって7年目というのに、こんなことでは情けない。

今一度、議員になったころの初心に振り返り、残りの任期を努めます。

台風12号

2011-09-04
台風12号が本日、近畿に最接近しました。

風雨が強い中、少し雨が弱まっている間に、河川の増水状況を確認してきました。

北川第1ダム予定地の状況は(写真は土曜日午後4時ごろ)

110903_140507110903_140825 
 

予定地からはだいぶ下流の安曇川本流との合流付近では

110903_141952     110904_060849 

同じ場所からの写真ですが、左は3日午後4時過ぎで、右は4日午前5時半ごろです。

一晩の間に、だいぶ増水していました。

ダム予定地まで行きたかったのですが、降雨量が危険水位を超えたので、通行止めになったので、いけませんでした。

 

国道、県道、市道と、あちこちで通行止めになり、市民の皆さんは、心配であったと思います。

いま、4日の夕方6時すぎですが、未だに雨が降る続いています。

他府県では、家屋が流され、亡くなられた方もおられるようです。ご冥福をお祈りいたします。

 

さいわい、市内には、けが人等もいなかったように聞いています。ひとまず、ほっ・・

 

さて、今日、草津市議会議員選挙が告示されました。

本来ですと、私も、仲間の議員の応援に駆けつけなければならないのですが、河川の増水や降り続く雨が気になり、市の職員さんも昨日から泊まりで警戒していただいていたので、地元で待機させていただきました。

落ち着き次第、応援に行きたいと思います。

一般質問通告

2011-09-01
今回の一般質問は、高島市の観光についての質問を予定しています。

「高島市の観光への視点」

1、着地型観光について

①着地型観光を展開するにあたり、重要視すべきことはどういったことか。

②着地型観光を展開するのに、これまでの観光振興の展開とどう修正、改善をくわえるのか。

 

2、高島市の見え方

①他の観光地の情報や展開のやり方等は十分研究されているであろうが、高島市が市外からどのように見えているかの研究はされているか。

②当局は、市外から見て、高島市がどのようにみえているとかんじているのか。

 

3、朽木スキー場の今後

①夏場の利用に対し、どのようにかんがえているか。

②これまでの夏場利用の計画等は把握されているか。

③グリーンパークと合わせての指定管理であるが、今後もこの形で指定管理していくのか。

 

今回の質問で何がいいたいかというと、高島市のような観光地は、どこにでもある。そんな中で、競争しながら観光振興力を高めるには、他ばかり見るのではなく、自分の足元が、他からはどのように見えているのかを把握することが、重要であるということです。

これまでも同じ事を意見してきましたが、常にこの意識を持つことが、新しい展開ができることに繋がると考えるからです。

 

観光振興は、まずは足を運んでもらう。そして満足してもらい、お金をおとしてもらう。そして、リピート、または口コミをしてもらう。

これまでの高島市の観光振興は、足を運んでもらうということは、年々上がってきているといえますが、お金を落としてもらうという客単価は、非常に低いといえます。

 

市当局や観光協会に対しても、叱咤激励の意味で、質問しようと考えています。
Copyright© 2012 澤本長俊オフィシャルサイト All Rights Reserved.