2月, 2012年

議会人事

2012-02-26
報告が遅くなりましたが、24日、臨時議会が開会され、議会の人事が改選されました。

私の役職を報告します。

常任委員会は、総務常任委員会と予算常任委員会に所属します。

総務常任委員会では、主に、総務部・政策部・消防本部関連の議案、課題等に対する審議をします。

予算常任委員会は、議長を除く全議員が所属します。

予算常任委員会では、私が委員長を務めることになりました。

予算書から逸脱するような質疑はいけないと思いますが、予算審議は市民生活に直結することなので、その時々の判断で、必要と認めるときはとことん、質していただきたいと思っています。

委員長をあずかることにより、直接、私自身で質すことはできませんが、その分、委員の皆さんがしっかり理解できるまで、担当者に答弁を求めていかなくてはと考えています。

特別委員会は、庁舎・行財政特別委員会に所属します。

庁舎については、執行者側は、合併前の協定どおり新築することを前提に計画されていますが、現在、支所機能も含めて、どのような体制がよりよいか判断するための調査を、コンサルに委託していますので、その結果もしっかり確認し、判断していきたいと考えています。現時点では、新築は必要ないと考えています。現本庁舎(新旭)に、隣のホールを解体し、必要な分だけ増築すればいいと思っています。

しかし、予算的なことや市民の皆さんの利用しやすさ等も十分考えて、最終的な判断をしていきたいと考えています。

議会運営委員会にも所属します。

議会運営に関することを審議するわけですが、議会のより良い改革という点では、高島市議会は後退しているように感じています。これはあくまで私の私見ですが・・

 

ちなみに新議長には、駒井芳彦議員   副議長には、小島洋祐議員が就任されました。

 

あと、補正予算もだされ、除雪関係費用の補正で1億1千万円、中央幼稚園の新築(安曇川地域の私立幼保園3園とも新築計画進行中)に関する土地取得に8千8百万円 が計上されました。

 

さて、28日より3月定例議会が開会します。

私たちにとっては任期最終年の年です。しかし、市民の皆さんにとっては、任期も関係ありませんので、しっかり審議しなくてはいけません。

一般質問では、

①教育委員会に関することで

②防災(防災ヘリ・消防等)に関することで

を考えています。

まだ確定ではないので、中身が確定次第、報告します。

塾・・

2012-02-16
今日の新聞に、嘉田知事が女性や若い世代を対象とした政治塾を始めたい、という記事が掲載されていました。

確かに、女性や若い世代の方に、政治に関心をもってもらい政治に参加してもらうということは、現在社会の中で政治を進めるには、最も重要な課題であるといえるでしょう。

参加者は、しっかり勉強していただき、政治に参画いただくことを大いに期待したいと思います。

 

塾といえば、私たち対話の会では、約1年半前に、すでに「対話塾」という政治塾を開催しています。

参加者は、8割が現職の県議・市町議で、残りの2割は、まったくの一般の方たちで年齢層も幅広いです。

現職の県議の中には、この塾の塾生から出馬された議員もおられます。その他に市町議員も塾生出身の方が数名おられます。

 

この対話塾は、主に政策勉強会のようなもので、現職議員も一般の方も見識を高めるための一つになっているのではと思います。

 

塾といえば、子どもたちに勉強等を教えることが一番に思い浮かぶと思います。

しかし、民間の塾は、主に進学のためのものが多いと思いますが、私は進学のためではなく、いろいろなことにぶつかって悩んでいるとき、学校の勉強についていけていないとき、等々、精神的なサポートができる塾のようなものが出来ないかと考えています。

なかなか難しいかもしれませんが、少しずつ前に進むように調査研究を続けていきたいと思います。

 

最後に一言反省(^^;

昨日、あるところでお酒を飲む機会があり、その場に鯖のなれずしがだされました。

皆さん、「これはご馳走や」と、おいしそうに食べておられました。

がしかし、私は、高島市に生まれて、高島市で育っていながら、このなれづしがどうしても食べられません。(他のさば料理は、ほとんどたべるのですが・・)

先輩方から、お叱りを受けましたが、返す言葉も無く、ただただ反省していました。

豪雪、ようやく少し・・・

2012-02-03
今朝まで降り続いた雪が、ようやく少し落ち着いたようです。

雪国育ちのわたしも、この降り方はめったにないと驚いています。

市内では、いたるところで大小さまざまな被害が出ているようです。

在原地区のなだれには、自衛隊の救援も出動してただきました。

その他、今津北部地域、朽木西部地域にも自衛隊の方々が出動いただいているようです。

自衛隊に対しては、市民の皆さんそれぞれであり方について賛否があろうかと思いますが、こういったもしもの災害が発生したときには、地元に部隊があることは、市民の皆さんにとっては安心になるのではないかと思います。

 

ほかにもそれぞれの地域でご苦労されていると思います。

 

市内を状況確認に廻ってみると、何台も車がはまっていたりしていましたし、雪が落ちついたこともあり、たくさんの方が家の除雪作業をされていました。

写真を撮ってきたのですが、カメラの調子が悪く、2枚のみですみません。

120203_101436  120203_101855 椋川地区内の状況と 国道367号保坂近辺の状況です。

 

私も、車が雪に埋もれていましたので、朝からまず除雪しました。

 

除雪の業者さんんも寝ずの作業を続けていただいたと思います。仕事とはいえ感謝です。

除雪については、地域や路線によって、上手下手があり、皆さんから苦情をいただいていますが、上手下手については、オペレーターの確保や更新等、いろいろ簡単にはいかないこともあるので多少のことはご理解していただきたいとお願いします。

ただ、出動時間の違いは、少し問題を感じています。地域によっては早朝3時や4時から作業にかかっていただいているのに(通勤通学の時間には、できるだけ通行できるようにという思いで作業していただいている)、反面、8時にならないと作業されない地域路線もあります(けっして悪いことではないのですが、路線格差があまり無い方がいいので)

毎年、業者の確保にご苦労いただいていますが、今後の課題として意見したいと思います。

勇気と決断

2012-02-01
 今週の日曜日、また私たち対話の会の仲間の議員が選挙で当選されました。

 甲良町の方です。

 この方は、議会の混乱、議員としての資質、町政の透明性に疑問をもち、このままでは町民が迷惑し、不安になるだけだと、なかなか言いにくい、出しにくい議員辞職勧告決議案もだされたりと、強い勇気と決断力をもって活動されています。

議員ならほとんんどの方に言えることですが、自分がにらまれるようなこと、敵を作るようなこと等々はまず口に出しません。

いけないとわかっていても自分からは言いません。

私もそうならないようにがんばっているつもりですが、まだまだ見習わなくてはいけないことがたくさんあります。

今後もいっしょに勉強できること、まずはうれしく思います。

本当におめでとうございました。
Copyright© 2012 澤本長俊オフィシャルサイト All Rights Reserved.