大飯原発再稼動

2012-06-02
 昨日、関西広域連合から、限定的に原発再稼動容認という声明が出された。

 現時点ではTVや新聞でしか詳細はわかりませんが、その後の枝野経産相の発言から、限定的というのには、なにも意味が無いように感じる。

 橋本市長は、「負けたといわれてもしょうがない」といわれているが、勝ち負けの問題なのか、という思いがこみ上げる。

 

 少し前に福島県から避難されてこられた方が話されたことが頭をよぎりました。

 第一声が「申し訳ありません。福島県民のためにご迷惑やご心配をかけてすみません。」

でした。

この方のどこに非があるのでしょうか。まったく、みじんも非なんかありませんし、あるはずもない。こんな思いをさせてしまっていることに無力感を強くかんじました。

 

 

私は思います。安全対策ができていない状態での再稼動。最初からそのつもりなら、結局、これまでの時間は、国会議員と経産省、そして電力会社のための言い訳、アリバイ作りに国民が利用されただけなのではないかと。

 

原発を動かすなら、いっそうのこと福島の災害以上の災害にも耐えられる設計で、あたらしい最新の原発をつくり稼動さす方が、よっぽどましではないか。(原発推進ではないので誤解の無いように。あまりにもこれまでの政府の対応の悪さに苛立ちを感じていることと、今後も原発依存でいくように感じることからの極論ですので。)

 

いずれにしても、広域連合では、節電計画は進めるということだが、現実問題として、いったんゆるんだ国民意識がどこまで回復させられるのか・・・

 

私も議員でありながら、苛立ちや非難ばかり言ってますが、私たち被害地元への説明が無いままに、日々、対応が迷走していることに対することからであります。

 

高島市議会からは、政府へ意見書も出していますし、他の自治体からも同様の意見書がたくさん出されています。しかし、意味が無かったということでしょう。

 

震災から、もう14ヶ月が過ぎたというのに、なにか国民の頭に残ったのは、政府に対する信用の失墜、だけのように感じます。
Copyright© 2012 澤本長俊オフィシャルサイト All Rights Reserved.