野田総理会見

2012-06-08
夕方、野田総理が会見をされ、それをTVでずっと見ていました。

内容は、予想されていたとおり「大飯原発3・4号機再稼動」であります。それだけではなく今後も他の原発を含め、原発依存でいく、ということです。

少なくとも私にはそのように聞こえました。

 

これまで原発依存から脱原発や新エネルギーとk言われてきましたが、私は、原発依存からの変換は、今の政府では無理だし、する気はないと思っていました。(だから古い施設を使うぐらいなら安全対策を最新の体制でこうじた最新の原発の方がまだ安心できる。と極論をいいました)

 

そのことを考えると、関西広域連合の「苦渋の決断の容認と提言は、結果的に何の意味もなかった」といわざるえない。

 

野田総理は8月をめどに今後のエネルギー政策の方向性を判断すると言われた。原発に対しての日本の進むべき方向は、今や日本中の、いや世界中から注目をされています。

もし私が感じたように、今後も原発依存でいくなら、日本の将来を左右することなので、判断は選挙で国民に真意を問うべきと思います。

また、同時に自民党も方向性を示すべきと思います。

 

今回の市議会6月定例会の一般質問では、多くの議員が原発に関連した質問をされます。

ま、今の政府には、滋賀県や県内自治体から何を言っても聞く耳は無いかもしれませんが・・
Copyright© 2012 澤本長俊オフィシャルサイト All Rights Reserved.