一般質問終えて

2012-06-19
 昨日、私の一般質問が終わりました。
 1問目の「中学生までの医療費を定額化に」ということに対し、市長及び担当部局から答弁をもとめました。
 市長からは
「医療費の定額という市民からの要望やご意見は私のところには届いていない。議員に届いているなら聞かせていただきたい。また担当部局と話をしてほしい。しかし、一旦無料になったものを再度、負担を求めることは出来ないし、定額負担にということに対しても、いろいろなことの調整も必要ですし、簡単には出来ることではない。」(抜粋)
ということでした。
担当部としては、そういったご意見も伺ったことがある。ということでした。
わたしは、あらためて
「本当にそういったご意見や要望は多い。子育て支援・少子化対策の観点からも、県内のどこよりも早く、こういった施策を考えるべき」
と意見を申し上げました。
ちなみにこれまで提案してきた案とは
現在の医療費負担  就学前・・・・外来無料     入院無料  小学生・・・・外来3割負担  入院3割負担提案した医療費負担  就学前・・・・外来500円(月額限度)   入院1日1,000円(月額限度14,000円)  小学生・・・・外来1,000円(月額限度)   入院1日1,000円(月額限度14,000円)  中学生・・・・外来1,000円(月額限度)   入院1日1,000円(月額限度14,000円)
市の財政負担を考え、現在の市の負担分よりあまり、負担分が増えないように考え、なおかつ、対象者の保護者負担が軽減され、安心してもらえる設定であるとのことから、上記の提案をしてきました。
今後も、小中学生の定額負担が実現できるように、引き続き市長及び担当部局に訴えていきたいと考えます。 

2項目目の質問では、3月に東近江市に完成した「平和記念館」を市内の学校において、平和学習の場として、利用してはどうか、ということを提案しました。
担当部局の答弁は、東近江市までの距離を考えると、一律に市内の学校に平和記念館を利用するようにということは言えない。ということでした。
私は、この平和記念館の完成に至るまでの、関係者の思いや、何のために造ったかということを考えると、やはり、距離があるといっても同じ滋賀県内ですし、年にいちどぐらい、この平和祈念館での学習をしていただきたいと、再度訴え、質問を終えました。
Copyright© 2012 澤本長俊オフィシャルサイト All Rights Reserved.