震災廃棄物にめど

2012-07-04
 新聞報道やTVで岩手県の震災廃棄物の処理に一定のめどがたって、広域処理についても、大規模な処理場を有する自治体に絞り込むという報道がされた。また、宮城県でも、同じような状況になりつつあるそうです。
 これまで、高島市は受け入れに前向きに検討してきて、市民の皆さんにもそうとうご心配をいただいてきました。
 このままいくと、高島市の受け入れも必要なくなるかもしれませんが、東北の大震災を日本の震災と捉え、考えられたことは非常に意味があったことであると思います。
 わたしも正直なところ、震災によって原発が爆発していなければ、放射能についての勉強もしていなかったでしょうし、大飯の再稼動にも、それほど重要なことと考えていなかったと思います。
 それにしても、国が総力をあげて震災廃棄物処理をするということであったにもかかわらず、どのぐらいでめどがたつ等の計算ができなかったのかと疑問に思います。
 それに、情報伝達の遅さも強く感じています。
 消費税増税にしても、原発再稼動にしても、結果が先で、理由付けがあとからのように思えます。
 これでは、本当に必要なことでも国民の理解は得られないでしょう。
 国会議員もがんばってやっておられるとは思いますが、基本的な目線が違うほうに向いているから、なんでも後付になってしまうのではと感じます。
 自分も議員です。そのことは十分肝に銘じて残りの任期、がんばります。
Copyright© 2012 澤本長俊オフィシャルサイト All Rights Reserved.