H17.3・防災について
 ・観光振興について
H17.6・中学校の部活動の現状と課題
 ・消防体制及び消防施設について
H17.9・建設産業に支援策を
H17.12・少子化対策の具体策は
 ・公共事業に対しての専門職の必要性
H18.3・必要不可欠と考える支所のあり方について
 ・公共事業に対する基準について
 ・幼保一元化の現状と課題
H18.6・熱供給施設の現実と今後のあり方
H18.9・高島病院の実態と地域医療の現実
H18.12・大丈夫か市の教育行政
H19.3・高島市の子どもは高島市で育てなければ
H19.6・幼児教育の重要性.中高一貫校の課題は
H19.9・森林資源の活用を
H19.12・市民が望む高島市政とは
H20.3・公共料金や保育料等の改正後の請求のあり方
 ・営業開発室が目指したものとは
H20.6・今こそある物(木材)の利活用を
 ・若者定住.人口増の具体策は
H20.9・たかしま21の思い.提案は伝わっているか
 ・子ども行政の一元化を
H20.12・子育て支援と子どもが真ん中の教育を
 ・除雪の今後
H21.3・子どもたちは市の宝
 ・獣害対策について
H21.6・プロポーザル(業者選定方式の一種)とは
 ・子育て支援とは
H21.9・高島市の医療政策について (代表質問)
 ・子どもたちの現状 (代表質問)
 ・地域・集落・まちの維持には
H21.12・高島市の財政運営の今後
 ・高島病院新築工事の発注について
H22.3・これからの高島病院 (代表質問)
H22.6・市営住宅のあり方
 ・若者定住.IJUターンの推進について
H22.9・森林保全と防災.森林資源の活用と循環
 ・高島市の宝(子どもたち)を育てる環境の現状と課題
H22.12・特別支援教育の体制は
 ・市民は市役所の職員を信頼.頼りにするのだ
H23.3・23年施政方針及び市長マニフェストを質す (代表質問)
H23.6・子ども局の役割は
 ・補助金団体等の監査は
 ・市民協働センターの役割と今後
H23.9・高島市の観光への視点
H24.3・子どもたちの未来のため教育委員会に期待すること
H24.6・市長公約の乳幼児医療費無料化のその後の検証は
 ・平和学習及び命の学習の現状と今後

 

 子どもたちを真中にしたまちづくり
 高島で住みたい・住み続けたいと思えるまちづくり
 地域や生活格差のないまちづくり
 その他市政全般について市長に質したこと
※太字は代表質問
Copyright© 2012 澤本長俊オフィシャルサイト All Rights Reserved.